ロザリオの祈り

 


ロザリオの祈りの式次第(PDF)はこちら

ロザリオの祈りとは

教皇ヨハネ・パウロ2世(聖ヨハネ・パウロ)の言葉

『おとめマリアのロザリオは、第2の千年期に、神の霊の風の導きによって徐々に形を整えました。この祈りは多くの聖人たちに愛され、教導権によって奨励されてきました。素朴でありながら深遠なこの祈りは、いまだに、始まったばかりのこの第三千年期にあっても、重要な意味を伴う祈りとして、聖性の実りをもたらす力を保っています。」
「ロザリオは、キリスト教の観想の伝統の中でも、最も優れ、たたえられている祈りの一つです。」
「私はあなた方1人1人のことを思っています。さまざまな状況下にある兄弟姉妹の皆さん、キリスト者の家庭の皆さん、病者や高齢者の皆さん、青年の皆さん、確信をもってロザリオを手にとり、聖書の光に照らし、典礼との一致のうちに、そして日常生活の状況の中で、ロザリオを再発見してください。」(2002年10月16日 使徒的書簡「おとめマリアのロザリオ」に参照