委員会より

★信徒委員会からのお知らせです。必要に応じて掲載します。★

2019年2月10日拡大委員会 地区委員への依頼について ※ワードファイルダウンロード(内容は下記と同じです)

※三井・南平地区委員で作成しました。適宜補足などして頂き、地区会にてご利用下さい。


地区の皆さまへ

2019年2月10日の拡大委員会にて、ザビエル神父様より次の依頼がありました。

菊地大司教様からの提案を受けて、「司牧活動のための提案、意見」を、信徒の皆さまから集めたいとのことです。
詳しくは東京教区ニュース第353号(2018年6月号)に、<「多様性における一致を掲げて」宣教司牧指針の方向性について>という題で
発表されていますのでお読み下さい。 参考:東京教区ニュースへのリンク 353号 354号

是非積極的に、提案、意見、希望などを地区委員までお知らせ下さい。
拡大委員会での資料は下記の通りですが、これ以外にも、司牧活動について日頃思っておられること、
気づいたこと、思いついたことなど、何でも結構です。地区委員が集約して委員会に報告し、高幡教会として教区へ届けます。

——————————————————————————————————————————————-

拡大委員会資料より:

菊地大司教様よりご提案の、「多様性における一致を掲げて」の課題への提言について、地区会を中心に意見交換等を行い、
高幡教会としてお応えしたいと考えます。

①修道会の垣根を越えた、教区における司牧協力体制の充実
②滞日外国人司牧の方向性の明確化と見直し
③継続信仰養成の整備と充実
④現行「宣教協力体」の評価と見直し
⑤カトリック諸施設と小教区・教区との連携
⑥イベントの豊かさだけではなく、霊的にも豊かな共同体の育成
⑦信仰の多様性を反映した典礼の豊かさの充実
⑧文化の多様性を尊重した典礼の豊かさの充実
⑨教区全体の「愛の奉仕」の見直しと連携の強化
⑩東日本大震災への取り組みに学ぶ将来の災害への備えの充実
——————————————————————————————————————————————-

例えば:

*多摩地区にカトリックセンター(のようなもの)があったらよい。
*③について:聖書と典礼の解説、グループでの勉強会のヒントになるような資料がほしい。
*教区としてエキュメニカルな礼拝の機会を作ってはどうか。
*⑧について:朗読者の言語(日本語以外)での聖書朗読があってもよい。   などなど

いろいろ考えられると思います。どうぞよろしくお願いいたします。
カトリック高幡教会 地区委員