ようこそカトリック高幡教会へ!

<新型コロナウィルス感染症に伴う公開のミサ中止>
 カトリック東京大司教区からの通達をうけ公開のミサは中止でしたが、3月30日(月)以降も、聖週間も含めて公開のミサは中止となります。詳細は東京教区のメッセージ(外部リンク)と詳細外部リンク)をご覧下さい。

フランシスコ教皇様が新型コロナウィルス蔓延の中で聖母マリアに保護を願う祈りを捧げました。私たちも共にお祈りいたしましょう。

新型コロナウィルスの蔓延する中で聖母マリアに保護を願う祈り

(フランシスコ教皇の3月11日のビデオメッセージより)

おおマリアよ、あなたはいつもわたしたちの道を、
救いと希望のしるしとなって照らしてくださいます。
病者に健康をもたらす方、信仰を堅く保ち、
十字架の傍らでイエスと苦しみを共にされた方よ。
わたしたちはあなたに自分を委ねます。
ローマの民の救いであるあなたは、
わたしたちに必要なものを知り、
必ず与えてくださると確信しています。
ガリラヤのカナでの出来事のように、
この試練の時を経て、
わたしたちを喜びと宴に連れ戻してくださるのです。
神の愛の母よ、父なる神のみ旨に適う者となり、
イエスのおっしゃった通り
行動できるようお助けください。

イエスは、十字架を通して復活の喜びに導くため、
わたしたちの苦しみを身に受け、
悲しみを担ってくださったのです。
アーメン。

 聖なる神のみ母よ、
あなたのもとにわたしたちは逃れます。
栄光に満ち、祝福された乙女よ、
試練の中にあるわたしたちの願いを退けず、
あらゆる危機から救い出してください。

画像はこちら

 「十字架の道行き」(聖書により黙想 :『新共同訳聖書』、カルメロ神父『祈りの共』、カトリック中央協議会『十字架の道行き』より、ルビ付き)のページも用意しました。新しいページはこちら


 <カトリック高幡教会にようこそ!>
 カトリック高幡教会は、東京の教会では珍しく緑に恵まれた教会(1982年献堂 教会堂名:さつきの后聖マリア)で、近くにはベリス・メルセス宣教修道女会の修道院、光塩幼稚園もあり、またボーイスカウト、ガールスカウトが活動する裏山があります。2010年春にはルルドのマリア様が建設され、さらに2017年には念願のエレベータが完成し、親しみやすい教会となってます。2019年4月の復活祭からは、高幡教会の創立50周年をお祝いをしています(創立50周年行事の記録はこちら。)。


 さて、主任司祭にベロッティ・ジャンルーカ神父様 (ルカ神父様)が昨年着任されてから約半年。美しい春の花が咲く季節となりました。

教会は広く開かれています。はじめての方、どなたでも、是非お立ち寄りください。心よりお待ちしております。

はじめての方への情報


ジャンルーカ ベロッティ(ルカ)神父 / Fr. Gianluca Belotti (Lucas)

プロフィール

    • 1968年6月11日(聖バルナバ使徒の日)イタリア・ミラノにて誕生。両親と弟の4人家族。
    • 1987年  土地測量士の資格を得て高等学校卒業
    • 1988年  1年間の兵役
    • 1989年  就職し不動産業界で働いた後、保険会社での代理店監督の仕事をする
    • 1999年10月4日 ローマの神学校に入学し哲学を学び始める
    • 2002年  1年間米国デトロイトで英語の勉強をする
    • 2003年  フィリピン タガイタイ神学校
    • 2008年  神学校卒業
    • 2008年6月7日 ミラノ大聖堂で司祭叙階、初ミサ
    • 2008年9月30日 来日
    • 2011年  カトリックさいたま教区 カトリック浦和教会 協力司祭
    • 2012年  カトリック草加教会 主任司祭(4年間)
    • 2017年  カトリック小山教会 主任司祭 及び カトリック上三川教会 主任司祭
    • 2019年9月 カトリック高幡教会 主任司祭 及び カトリック府中教会 協力司祭に着任

ジャンルーカ神父のご紹介記事


スナップ写真

 2020年 1月12日の成人式と洗礼式

2019年 クリスマス 主の御降誕の夜半ミサ

  • 待降節 第一主日 一本目の希望のキャンドル
  • 待降節 第二主日 二本目の平和のキャンドル
  • 待降節 第三主日 三本目の喜びのキャンドル
  • 待降節 第四主日 四本目の愛のキャンドル

2019年9月1日ジャンルーカ神父様、門間神父様の歓送迎会

  • 9月1日の主日のミサ
  • 門間神父様有り難うございました。
  • 皆で歌を歌う!